うがい薬とコロナウイルス

大阪府の吉村知事らがコロナウイルスにうがい薬が効果があるということを発表されました。どのような効果があるのか?について話していきます。また、この発表による社会の動きについても話していきます。

うがい薬の効果

うがい薬がコロナウイルスにどのような効果があるかですが、まず下の写真をご覧ください。

うがい薬を用いてうがいを1日4回行った場合、ウイルス陽性率が非服用の場合と比較して、より低くなっていっているのが分かります。また、ウイルス陽性頻度を見てみると、約2割にまで減少させることが出来ています。このグラフを見る限りは、十分な効果があると言えるでしょう。

みんながうがいをすれば、収束するってこと?

やんちゃペンギン
やんちゃペンギン

ここで注意しなければならないことは、吉村知事も話されていましたが、「治療薬でも、予防薬でもない」と言うことです。どういうことかと言うと、うがい薬を使ってうがいしたからといって、コロナに感染したときの症状が緩和されるわけでも、コロナにかかりにくくなるわけでもないと言うことです。このうがいによる効果は、「口内に存在するウイルスを減少させる」ことであり、ウイルスの飛散を防ぎ、感染拡大の可能性を抑えられます。なので、このうがい薬を必要とする人はそこまで多くないと思われます。

買い占めについて

世の中ではうがい薬の買い占めが起こっているようですが、トイレットペーパーのような生活必需品でもなければ、マスクのような予防になるものでもありません。手洗い・うがいは感染症対策にはなりますので、しっかりと行うことは大切ですし、うがい薬があればより良いですが、わざわざ高値で転売されているものを買う必要はないと思います。悪質な転売を無くすためにも、本当に必要なところに届くようにするためにも転売されているものから買うことや必要以上に買うことは避けましょう。 

最後に

今は何も解らないまま ガムシャラに夢を追いかけていく
君が 僕が 輝ける場所 見つけにいこう その先へ!!!

一人一人は小さくても 絆のもとに力合わせ
君と僕ら 仲間だから 笑顔でいこう これからも

GReeeeN 『絆』より

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です